NEWS

Asahina & Maki with Kansai Symphony Orchestra CHOPIN 1949 [Remastered]

ショパン没後100周年である1949年。
日本はまだ戦後4年という、過酷な状況にありました。
その時代を鼓舞するかのように演奏された二人の天才によるショパン「ピアノ協奏曲第一番」のラジオ放送の録音が発見されました。
これは日本最古のショパン「ピアノ協奏曲第一番」全曲録音です。当時の好事家による私家盤であり、アルマイト盤であるため保存状態が悪い部分があります。しかし、当時の情熱的な演奏を偲ぶことができる唯一の音源です。ぜひ臨場感溢れる感動的な演奏をお楽しみください。

The year 1949, the 100th anniversary of Chopin's death. Japan was still in the fourth year after the war, and the situation was harsh. A recording of a radio broadcast of Chopin's "Piano Concerto No. 1" by two geniuses, performed as if to inspire that era, has been discovered.
This is the oldest complete recording of Chopin's "Piano Concerto No. 1" in Japan. It is a private recording made by an enthusiast at the time, and because it is an anodized aluminum disc, there are some parts that are poorly preserved. However, it is the only sound source that allows us to remember the passionate performance of the time. Please enjoy this moving masterpiece.

※第1楽章の後半部分で、音盤の2面目の終わりに当たる7:05~7:13の間にかけて、元の音盤の溝が破損している事に起因して、周期的なノイズと音の一部欠損が見られる事を予めご了承ください。
また、当時の放送時間上の制約から、終結のアナウンスでも触れられている通り、第1楽章冒頭の長い管弦楽の25小節~122小節間が省略され、続く123小節~131小節間は、演奏されたままアナウンスが被せられており、また第3楽章の100小節~327小節が省略されている事も併せてご了承ください。

*In the second half of the first movement, between 7:05 and 7:13, which is the end of the second side of the disc, there is a periodic noise and a part of sound loss due to the damage of the groove of the original disc.
Also, please note that due to the time constraint of the broadcast, the long orchestral bars 25-122 at the beginning of the first movement are omitted, as mentioned in the announcement at the end, and the following bars 123-131 are covered by the announcement as played.

  • ASAHINA CHOPIN 1949 - 朝比奈 隆 初期放送録音 (w/ 眞木利一、関西交響楽団)「ショパン:ピアノ協奏曲第一番」1949年放送録音

    1,944 JPY